ARTIDA OUD

ARTIDA OUD

Journal

2019 Summerシーズンテーマは“The Gems of the East(東洋の至宝)”――ブルー、パープル、グリーンの煌めき

issue

2019 Summerシーズンテーマは“The Gems of the East(東洋の至宝)”――ブルー、パープル、グリーンの煌めき

ARTIDA OUD 2019 Summerシーズンテーマは、中央アジア、ウズベキスタンのSamarkand(サマルカンド)。別名、The Gem of the East(東洋の至宝)。ターコイズカラーのモスクやラピスラズリのモザイクが美しく、ブルーシティーとも呼ばれてきました。

壮麗な青い街を象徴する、ブルー~パープル~グリーンの涼やかで艶やかなカラーストーン。ブルーサファイア、ブルートパーズ、タンザナイト、アメジスト、エメラルドを使った新作アイテムを、それぞれのストーンが持つ意味とともにご紹介していきます。



アメジスト

古代より世界中で愛されてきた、美しいアメジストのパープル色。日本では最も気高い色とされ、聖徳太子が定めた「冠位十二階」で最高位の色として崇められました。中国では皇帝だけが身につけることを許された色といわれています。

水晶の色変種の中でも最高位に評価されるアメジスト。「愛の守護石」「真実の愛を守りぬく石」などの異名も持ち、ヨーロッパでは「素敵な恋人を招き寄せる石」ともいわれています。また、ストレスで疲れた心を癒し、穏やかな安らぎを与えてくれる、ヒーリング効果の非常に強い石でもあります。


(左から)"eden" K10YG amethyst tear drops pierced earring 23,760yen (with tax) / "eden" K10YG dark amethyst tear drops pierced earring 23,760yen (with tax) / "eden" K10YG amethyst drops pierced earring 19,440yen (with tax) / "eden" K10 dark amethyst drops pierced earring 20,520yen (with tax)


左は、大ヒットアイテムの"eden" K10YGアメジスト ティアドロップス ピアス。新作は、こっくりと深いパープルのアメジストを用いています。小粒のエメラルドを覆輪留めして乗せました。それぞれ大粒のオーバルカットアメジストを使ったスウィングタイプもございます。



ブルートパーズ

ギリシャ語で"探し求める"という意味のTopazosに由来する石です。深い霧に覆われてなかなか上陸することができなかった、紅海に浮かぶ島にこの名がつけられました。しかし、古代ギリシャ時代にトパーズと呼ばれていた石は実はペリドットだったそうです。

トパーズは、持ち主にとって必要なものと出会わせてくれる石といわれています。インスピレーション力と洞察力を高め、曖昧な物事をはっきりさせることで、自分が本当に望むことが明らかになり、未来への希望をもたらしてくれます。


"eden" K10YG swiss blue topaz tear drops pierced earring 25,920yen (with tax) / "eden" K10YG swiss blue topaz drops pierced earring 21,600yen (with tax)

左側は、鮮やかな青みが眩しいスイスブルートパーズ、右側は爽やかな淡いブルーが涼しげなスカイブルートパーズ。それぞれにピンクトルマリンを足して、柔らかいオリエンタルに仕上げました。



タンザナイト

冷静で知的なオーラを感じさせる、紫がかったブルー。「自己啓発を促す石」として、落ち着きと思慮深さ、冷静な判断力を与え、物事を成功に導くといわれています。古代ケルト民族の間では「霊力を授ける石」として儀式の際に用いられ、崇められてきました。

直観力や洞察力、インスピレーションを高め、不安やストレスから開放し、穏やかさと落ち着きをもたらすとされています。また、コミュニケーション能力を高める効果もあるといわれています。



"eden" K10YG tanzanite tear drops pierced 30,240yen (with tax) / "eden" K10YG tanzanite drops pierced earring 23,760yen (with tax)


神秘的なブルーが印象的なタンザナイト。小粒の覆輪留め一石にはエメラルドを使って、エキゾチックなコントラストを表現しました。



ブルーサファイア


古代ペルシャの人々は、この世界は巨大なサファイアの上に乗っており、空が青いのはサファイアの色が反射したためだと信じていました。モーゼの十戒は、サファイアに刻まれていたとされており、カトリック教会はブルーサファイアを神の光の象徴と定め、聖職者の右手にはサファイアの指輪がはめられたそうです。

高潔・慈愛・誠実を表すサファイアは、冷静な洞察力をもたらし、真実を見抜く力や自分自身の内面に埋もれる深い叡智や才能を呼び覚ましてくれるといわれています。


"mosaic" K10YG melee blue sapphire viper ring 56,160yen (with tax) / "mosaic" K10YG melee blue sapphire eternity ring 45,360yen (with tax)


『千夜一夜物語』から飛び出てきたようなviper=毒蛇のリングは、ARTIDA OUDの中でも人気のアイテム。同じシックな深いブルーサファイアを使った、シンプルながらフルエタニティリングが新作として登場。


エメラルド

エメラルドの最古の記録は、紀元前4000年頃のバビロニアにまでさかのぼります。古代エジプト王家の人々は富や権力、そして美の象徴として珍重しました。絶世の美女クレオパトラが愛した石としても知られています。

エメラルドは瞳を美しくする石といわれ、異性を魅了する力があります。愛の力が非常に強く、贈り合うことは愛と献身を意味するといわれています。

また古来より治療・治癒の石として使われ、疲れた心を癒し、思考能力を高める効果があるそうです。


"mosaic" K10YG melee emerald viper ring 69,120yen (with tax) / "mosaic" K10YG melee emerald eternity ring 56,160yen (with tax)


ブルーサファイアのviperリングの新作として、目映いばかりのヴィヴィッドなグリーンが印象的なエメラルドが登場。お揃いのフルエタニティリングと一緒に着けていただきたいリングです。

 

⇒ “eden” シリーズはこちら

⇒ “mosaic”シリーズはこちら

BACK TO INDEX