ARTIDA OUD

ARTIDA OUD

Journal

フラワークリエイター / 篠崎 恵美

interview

フラワークリエイター / 篠崎 恵美

「お花には恩がありすぎて、自分の家にはちょっと気軽に飾れないんです」。やわらかい笑顔でドキリとする言葉を口にしたのは、フラワークリエイター・篠崎恵美。

有名ブランドやアーティストとコラボレーションし、注目を集める彼女の人生は、内向的だった時期を経て、花との出逢いによって、瑞々しく鮮やかに彩られた。

手掛けている “edenworks”のコンセプトは、『命を次に繋げていく』こと。花の可能性を広げ、生花からドライフラワーまでサステナブルに楽しんでほしいという願いが込められている。

花と宝石は、ひとつとして同じ表情のものがないところが似ている。それぞれの個性は、ARTIDA OUDのテーマ“raw beauty=ありのままの美しさ”として煌めく。陽当たりのいい空間で花に囲まれながら、これまでの道のりと、静かな熱い花への想いを訊いた。



直感で、ファッション業界からお花の世界へ。


―――ファッション業界にいらっしゃったそうですが、どんなきっかけでフラワークリエイターになられたのでしょう?

ファッションの学校を経て、一度洋服の仕事をしていました。働き始めて半年経ったころに弟とバイクで三宿を走っていたら、森のようなお花屋さんを見つけて。それまでお花屋さんになりたいとか一度も思ったことなかったんですけど、何となく気になってお店に入って、スタッフ募集の張り紙を見て、「すみません」って声かけたのが最初ですね。就職していたのにもかかわらず、どういう仕事をするのかも全然わからないまま声をかけて…本当に直感ですね。



―――活け方など、お花の世界は決まりごとが多いイメージです。転身されて、大変だったのではないでしょうか?

そうですね、角度や、お花の顔を正面に向かせるなど、意外と決まりごとが多いんです。でもお花って生きているから、必ずしもその通りにはならない。もちろん伝統的な決まりも大切なのですが、私はどちらかというとイングリッシュガーデンのように、自由な個性ありのままが素敵だと思っています。三宿のお店では店番をしながら、独学でお花の知識や接客の仕方を考えて導き出しました。



―――篠崎さんの作品のお花が生き生きと見えるのは、そういう理由かもしれませんね。

私は何かを人に習うより、実際に自分でいろいろなものを見聞きして、答えを出すほうが向いているんだと思います。ファッションを学んだときは好きなブランドへの敬意がありすぎて、自分らしさを出しているつもりでも、“勝てない”と感じてしまって。想いが強かった分、教わったり習ったりしたことを自分ごととして置き換えるのが、すごく難しかったですね。

―――今はどんなお仕事をされているのでしょう。

“edenworks”という名前で、お花に関するクライアントワークをしています。例えば百貨店のウインドウや、音楽のCDジャケット、ミュージックビデオに出てくるお花を手掛けたり。そして、今日撮影をしている代々木上原のこの空間“edenworks bedroom”で、一般の方にも来ていただける週末限定の生花屋さんを3年前から開いています。



そしてもう一つ、近くに薬局をコンセプトにした“EW.Pharmacy”というドライフラワー屋さんを去年オープンさせました。 “edenworks bedroom”や、撮影で使われなかったお花を、独自の製法で1本ずつ綺麗に色が残るようにドライフラワーにしています。20種類の商品を季節ごとに揃えていて、処方箋としてお花の詳細が書かれた紙もつけるので、お花を知ることもできます。ぜひシーズンごとに足を運んでいただきたいです。





あとは紙でお花を作るプロジェクト“PAPER EDEN”もスタートさせました。日本人ならではの手仕事って、絶妙なニュアンスを表現できるじゃないですか。それを海外で伝えたいなと思い、日本の和紙を使って、ミラノでインスタレーションを発表しました。


ミラノでのインスタレーションの様子



―――たくさんのプロジェクトを進行しているなかで、無邪気になる瞬間はありますか?

お休みはほとんどないですね。市場が開かれる月水金は毎朝3時起きで眠いんですけど、“仕事をしている感覚”もあまりないというか…お客様と打ち合わせでお話ししたり、想いを聞いたりしていているときは、常に無邪気なんです。だから疲労感はそんなになくて。



全てのお花との出逢いは一期一会。初対面同士を組み合わせるのが、仕事。

 
―――篠崎さんにとって、お花のどんなところが魅力なのでしょう?

やっぱり、一つとして同じものがないところ。同じ種類でも色も咲き方も違うので、毎回市場で出逢う花は、出会ったことない人だと思っています。そして“初めまして同士”を組み合わせるのが私の仕事。一回として同じものにならない魅力が、お花のお仕事を続けている理由なのかなって思います。

あと私は、お花には恩がありすぎて。ファッションをやっていた時は自分に自信がなくて内向的だったのですが、いまは変わった実感があります。お花の仕事をしてから、人と繋がりたいと思えるようになりました。そうやってお花に感謝しているから、ちょっと気軽な感じでは、自分の家にお花を飾れないんです。敬意がある感じですね。

―――お花のサステナビリティを大切にされているとHPに記載されていました。それもお花への敬意からでしょうか?

そうですね。edenworksのコンセプトが『命を次に繋げていく』なんです。お花は命があるから枯れたら捨てて終わりっていう考え方もあると思うんですけど、そこから次に何か繋げていきたくて。それでドライフラワーのお店“EW.Pharmacy”を始めました。

―――お仕事を通して実現したいことはありますか?

人との繋がりや温かみを、若い人たちに伝えたいと思っています。私は今37歳なんですけど、私が子どもの時と今とでは、いろいろなものが変わっていて。例えば昔はお母さんへのプレゼントを探しにお店へ行き、お母さんはこういう人で、こういう色が好きだからって、店員さんに話してお気に入りを見つけて物を買って、それを大切にしていました。今はコミュニケーションをスキップして物を手軽に買えるから、愛着がわかなかったり…それってものを作る人間としてはすごく寂しいと思うんです。だからスタッフにはコミュニケーションは重要だと話していますし、そこから生まれる繋がりの尊さや物語も感じてほしいと思っています。




「お花の力を信じて」クライアントやお客様の希望に応えたい

 
―――お仕事をするうえでのモットーはありますか?

お花を通して人と繋がり、お花の力で何かの背中を押すことですね。私は肩書きにフラワークリエイターと書いていて、自分をアーティストではないと思っているんです。なぜなら私の仕事は、お花の力を信じて、クライアントやお客様の意向を叶えることなので。自分の作家性を主張するばかりではなく、コミュニケーションを取って、誰かの想いや希望を叶える立場でいたいと思っています。



―――これまで手掛けられた作品で、心に残っているものを教えてください。

音楽とファッションのお仕事は、心に残りますね。どちらもすごく好きで、洋服の仕事もしていましたし。結果ファッション業界を離れましたが、お花を通して仕事をすると、夢が叶った気分になっちゃうんです。ミュージックビデオでお花が使われたり、ファッションブランドとコラボレーションしたり。

装苑2018年4月5月合併号「モードと菊人形」


あと、伊勢丹の『2018 HANABANASAI』というキャンペーンで総合ディレクションをしたのも印象的です。ウインドウに生花を飾り、それをドライフラワーにする企画をして。ふつう生花はすぐ枯れてしまうのでウインドウにはタブーで、期間を終えたら什器も捨てられてしまうのですが、ドライフラワーになったものをお客様にプレゼントしました。『命を次に繋げていく』というedenworksのコンセプトをカタチにできたので、印象に残っています。





―――ファッションへのこだわりはありますか?

あまりカラフルなものは着ませんね。“主役はお花”っていう意識が自分自身やお店の空間、身のまわりのものにあるので、モノトーンが多いかもしれません。なので、ARTIDA OUDの色のあるジュエリーは新鮮で可愛いなって。お花を選ぶように日々つけられますね。モノトーンの服に、今日は緑をつけよう、ピンクつけようとか。ARTIDA OUDの石は天然だから同じ柄や模様のものがなくて、お花に似ていると思いました。



―――今後チャレンジしたいことはありますか?

紙のお花“PAPER EDEN”で、障害がある子どもたちと何か一緒に取り組みをしたいと考えています。障害を持っていると、生活や食事など自分で選択ができる幅が少ない方もいるというのを知って。一緒にプロジェクトをやって、自由にお花を選んでほしいと思っています。

―――ARTIDA OUDは“raw beauty=華美に飾らないありのままの女性の美しさ”がテーマです。そういった意味で「美しい」と思う女性はいますか?

セリーヌの元デザイナー・フィービーファイロの、「少ないことは豊かなこと(Less is More)」という美学に、わたしも同感です。女性は年相応に、ありのまま「飾らず、そのままで」素敵だなぁと思うから、わたしはメイクもほとんどしません。お花も同じ。自然さからかけ離れることにより、本来の魅力が隠れてしまうと思うのです。

―――ありのままの女性の美しさには内面の美しさもありますが、篠崎さんが「自分を育ててくれた」と思うものはありますか?

Wild Flowers』という写真集ですね。独立前に独学でお花を勉強している時、色々なジャンルの本を見るうちに出合った一冊ですその写真集には、生花や造花、イラスト、カタチにとらわれず日常に溶け込んだお花が写っているんです。平和だな、自分もこうやって生活に溶け込むようなお花を作りたいなって強く思ったので、いまもお花と向き合う時にテーマにしている一冊ですね。




女性は弱くていい。自分にできることを、大切に。

―――ARTIDA OUDで好きなアイテムを教えてください。

このピンクの石、すごく可愛いですね。カタチがいびつなところが、自然のままという感じがして素敵です。



―――それはトルマリンですね。クレタ島の神々しい色彩に溢れる静かな海辺をAutumnはイメージしているのですが、それはその新作のひとつです。ピンク色の砂の上に寄せる透き通る波からイメージした、トルマリンです。石の回りはメレダイヤでぐるりと囲んでいます。

お花と同じで石にも個性があるんですね。選ぶのも楽しそう。ふだんはお花に引っ掛けてはいけないのであまりジュエリーをつけないのですが、特別な時につけてみたいですね。このリングは月ですか?

―――“mosaic”というシリーズで、三日月をイメージしています。

私、月が好きなんです。お花は太陽に向かって咲くんですけど、夜は眠るじゃないですか。何だか月はホッとしますね。それに、4月生まれで誕生石はダイヤだから、ぴったりです。すごく可愛いですね。



あとヘビのリングも、ブルーがすごくキレイ。今日のネイルとも相性がいいです。ネイルとジュエリーを合わせるのも、楽しいですよね。



―――さまざまなフィールドで頑張る女性へメッセージをお願いします。

社会で活躍されている女性が多いなかで私が思うのは、男性、女性って役割があるなあということです。もちろん平等ではあるんですけど、「女性も男性と同じように!」とか、無理に鎧を着る必要も、突っ張る必要もない。弱くてもいい。そのなかで、自分にしかできないことを見つけてやっていくことが、自分らしくいるためにも、大切なのかなって思います。






PROFILE

篠崎恵美

ファッション業界から転身し、2009年に独立。フラワーワークを手がける「edenworks」を立ち上げる。アパレルブランドやミュージシャンのアーティスト写真、ミュージックビデオなど、多くのアーティストとのコラボレーションも行う。ドライフラワー専門店「EW.Pharmacy」、土日にのみオープンする代々木上原の花屋「edenworks bedroom」、紙で花を作るプロジェクト「PAPER EDEN」もスタートさせた。

Instagram

https://www.instagram.com/edenworks_/

 

PHOTOGRAPHER/SOPHIE ISOGAI(KiKi.inc)

HAIR&MAKE-UP/YUKO AIKA

MOVIE/SHO MATSUKI

EDIT/RIDE MEDIA&DESIGN

TEXT/HANAKO FUJITA




(人差し指)
"citronnier" リーフ パヴェダイヤモンド リング
25,920yen (with tax)

(中指)
"elafonisi" ピンクトルマリン パヴェダイヤモンド リング
30,240yen (with tax)




(左から)
"citronnier" ブランチ パヴェダイヤモンド リング
28,080yen (with tax)

"jupiter" ディスク パヴェダイヤモンド リング
17,280yen (with tax)

"elafonisi" エメラルド パヴェダイヤモンド リング
28,080yen (with tax)



(上から)
"mosaic" K10 ルビー moon スタッキング リング
20,520yen (with tax)

"mosaic" K10 ホワイトサファイア moon スタッキング リング
21,600yen (with tax)

"mosaic" K10 ホワイトサファイア スタッズ リング
21,600yen (with tax)

BACK TO INDEX