ARTIDA OUD

ARTIDA OUD

Shopping Guide

ジュエリーを末永くご愛用頂くために

「着けたら、拭く」を習慣に

素肌に身に着けることが多いジュエリー。使用後の表面には汗や皮脂、化粧品などがついてしまい意外にも汚れてしまうものです。 日常での一番簡単なお手入れ方法は、「着けたら拭く」を習慣づけること。
輝きがくもってしまわぬよう、毎日ケースにしまう前に、やわらかい布で優しく拭いてあげましょう。 ジュエリー用のやわらかいクロスをお使いいただくことをおすすめします。

拭いても落ちない汚れは、洗いましょう

ゴールド製品は、洗うことで綺麗になります。
1) ジュエリー用のクリーナーがない場合は、中性洗剤をぬるま湯に溶かしたものを用意してください。
2) ジュエリーを入れて浸け置きすると、汚れが溶け出してきます。
3) 裏側や細かい部分の汚れは、やわらかいブラシなどでこすります。
4) 流水でよくすすぎ、やわらかい布でそっと水分を拭き取って、十分に乾燥させてください。

メッキ製品のお手入れ

ALTIDA OUDの10金、シルバー製品には、メッキ加工が施されています。
メッキ部分が剥がれてしまう可能性があるため、研磨剤入りクロスは使用を控えてください。
1) 中性洗剤をぬるま湯に溶かしたものを用意してください。
2) やわらかい布を浸けて、ジュエリーを全体的に優しく拭いてください。
3) 乾いたやわらかい布で、水気を優しく拭き取ってください。変色、傷などの原因になるため、水分は残さず拭くようにしてください。
メッキ製品の剥がれやくすみ、変色が気になってきた場合は、メッキのかけ直しをすることが可能です。
ご希望の場合は、「お問い合わせ」にてお問い合わせ内容を「お修理とアフターケア」を選び、ARTIDA OUDカスタマーサポートにご連絡ください。

パール、ダイヤモンド、その他の天然石について

・パール
硬いものと摩擦をすることによって、傷がつきやすく、本来の美しさが失われてしまいます。 また酸性のものや水分、熱に弱い性質を持っていますので、水、化粧品、薬品、洗剤を使用される際は十分に注意してください。 また、直射日光や強い照明が当たったり、高温になりやすい場所での保管は避けてください。
・ダイヤモンド
ダイヤモンドは汗などの油分が着くと輝きがくもってしまいます。こまめに拭くだけでも輝きが違ってきます。
・天然石
水を使ったお手入れはできるだけ避け、やわらかい布などで優しく拭いてあげましょう。

チェーンが絡まってしまったら

ネックレスやブレスレットのチェーンが絡まった時は、無理して引っぱらず、ベビーパウダーやボディパウダーを塗りながらゆっくり解くと絡まりが解きやすくなります。

チェーンアイテムについて

ボールチェーンや、メッキ加工を施しているもの等は、水分が残っていると変色・変質したり切れやすくなる恐れがあります。 繊細な為、柔らかいクロス(布)で優しく水分を拭き取ってください。
また、強い力をかけたり乱暴に扱いますと破損する恐れがあります。お取り扱いには十分にご注意ください。

身に着けるときのご注意点

1)化粧品・香水・洗剤・フルーツの果汁・温泉・海水・紫外線などと反応することによって変色・変質することがあります。必ず外すようにしてください。
2)かゆみ・かぶれ等皮膚に異常を感じた時は、速やかにご使用をお止めいただき、皮膚専門医にご相談ください。
3)力仕事や激しいスポーツをする時、また就寝時や幼児の世話をする時などは、身体に危害を及ぼす場合がありますので、着用しないでください。
4)高温になる場所(サウナなど)や寒冷地(スキー場など)でのご使用は、火傷や凍傷になる恐れがありますので、着用を避けてください。
5)金属や染色した素材(樹脂・皮革など)は、水や汗・摩擦などにより色移りすることがありますので、淡色系の衣服と合わせて着用する場合は十分にご注意ください。
6)デザイン表現を優先する為、商品によっては洋服の繊維やペットの毛に絡みついたり、着脱の際など思わぬ危害が生じる場合がありますので、お取扱いにはご注意ください。

保管するときのご注意点

1) 湿気が少なく、直射日光の当たらない場所に保管しましょう。
2)空気に触れることによって、ジュエリーは変色しやすくなってしまいます。ご使用後はジュエリー専用のケースに入れ、空気との接触を最小限にすることをおすすめします。
3) ジュエリーはお互いがぶつかることで細かな傷の原因となりますので、できるだけ仕切りのあるジュエリーケースに入れて保管しましょう。
4)チェーンは絡みやすくなっています。出来るだけ伸ばした状態で保管するか、柔らかい布などに数回巻き付け、絡まないよう工夫して保管してください。
4) 旅行の際は、専用のトラベルポーチに入れて持ち運ぶことをおすすめします。